学習の感想とポイント

関西シルバーバーチ読書会

2015.2.15

今回は『シルバーバーチは語る』11章進化の土壌としての地上生活 ⇒について学びました。

■ 11章 進化の土壌としての地上生活

*人類の歴史の中で多くの宗教が起こされてきましたが、どの宗教も人々の"救い"を目的としていました。しかし、その救いの内容はあいまいで、長い間明確な答えを出すことはできませんでした。人類にとって本当の幸福とは何かということが分からない中で、"救い"についてわかるはずがありません。人類にとっての幸福とは「霊的成長すること」という画期的な内容をシルバーバーチが霊界通信を通して初めて明らかにしてくれました。一人一人が霊的成長し、幸福になることが真の救いということです。シルバーバーチの霊訓は、多岐にわたる霊的知識・真理を伝えてくれていますが、その中でも繰り返し繰り返し述べられているのは、この「霊的成長」ということです。シルバーバーチの伝えてくれる霊的真理は、「霊的成長至上主義」といっても過言ではありません。

●正しい人生・正しい生き方とは=霊的成長する生き方――――――――――――――――――――

霊的成長する生き方――摂理に一致した生き方

  • 霊優位の努力
  • 利他的努力(利他愛・サービスの実践)
  • 苦しみを甘受する努力

※苦難を通して人間は霊的成長する……苦難の思想・哲学(シルバーバーチの特徴)
――苦難はよいもの、ありがたいもの(世間一般と正反対)

苦難の意義

  • カルマを切って霊的成長リセット
  • 霊的覚醒をもたらす
  • 魂を鍛える
  • 愛の心、同情心を深める
  • 霊との絆の強化

*一般の人は、苦しみというものに対して「嫌なもの」「避けたいもの」という思いを抱いているのではないでしょうか。また、多くの宗教が苦しみから逃れる術を与える、それこそが救いであるというように、説いてきたのではないでしょうか。しかし、シルバーバーチは「苦難はよいもの、ありがたいもの」と言っています。苦しみや困難があるからこそ、私たちは霊的成長することができるというのです。苦しみも何もない、楽しくバラ色ののんきな人生を送って魂が磨かれるはずがないというのです。苦しみや困難に果敢に立ち向かい、克服してこそ私たちはかけがえのない霊的成長という宝を手にすることができるのです。そしてその苦しみの過程では、いつも寄り添ってくれる背後の霊界の人たちの絶え間ない応援・援助があります。それを知ることで、霊界都の絆はこれまで以上に強くなるはずです。また、苦しみを味わうということは、同じように苦しむ人たちの気持ちをわかってあげられる、その人を勇気づけ励ましてあげることができるようになります。苦しみは嫌なものであるけれども、そこから学ばせてもらえるものは計り知れません。

●永遠の霊的成長の摂理 ――――――――――
  • 宇宙・万物・人間・動物すべてが進化する――「進化の法則」
  • 人間の場合
  • 本体である分霊(ミニチュアの大霊)は永遠に存在する
  • 球という物質世界を出発点として永遠に霊的成長・進化する
  • →「永遠の霊的成長の摂理」
  • 人間にとって最も価値あるもの
  • =霊的成長→霊的成長至上主義
  • ※霊的成長至上主義
  • 人間にとって最も重要なもの・価値あるもの
  • =霊的成長(生命・健康・お金以上に大切なもの)
  • 「シルバーバーチの霊訓」の人生観の中心・土台
  • 人生の大目的=霊的成長
  • 霊的成長できない人生=無駄な人生
  • 霊的成長が「シルバーバーチの霊訓」の価値観・善悪観・幸福感の中心・基準
1.永遠の霊的成長について―――――――――

参考リンク:ニューズレター29号・永遠の霊性進化の道と、一瞬の地上人生

●人類の進化とは霊的なもの

  • (P193/後ろから3~後ろから2)
  • 永遠の価値基準は霊にあり、物質や肉体にはない。霊こそが永遠
  • 人間の永遠の進化・向上とは、霊的なものであって物質的なものではない
  • ※参考 P195/3~7

●終わりのない永遠の進化について

  • (P188/9~後ろから2、P196/1~9)
  • 人間の霊的成長(進化)には終着点がない。どこまでも進化の道が続く
  • 進化に伴い、一歩一歩大霊にちかづいていく。しかし大霊と融合して個別性がなくなることはない

●「永遠の霊的成長の摂理」と"完全平等・完全公平"

  • (P193/1~7)
  • 霊的成長が唯一の幸福の判断基準
    ――霊的成長が善であり真の幸福
  • 霊的成長のチャンスは、摂理支配のシステムの中で、すべての人に平等に与えられている
  • 物質的視点でみると地上生活は不公平だらけに映る
  • 霊的成長を基準とした霊的視点から見ると、全人類が完全平等・完全公平に置かれてい

●「永遠の霊的進化」の摂理と"神の愛"(P200/後ろから4~後ろから1)

  • 創造進化があるという事実そのものが"神の愛"と"神の意志"の証
  • 低次元から高次元へと永遠に進化し続けるという事実の背後に、"神の愛"がある

●霊的成長に伴う美と調和の拡大

  • (P185/後ろから2~P186/6)
  • 霊的進化に伴い、美と調和の世界が広がり、より高度な美と調和が鑑識できるようになる
  • 低い次元にいる者は高い次元の世界を認識できないが、高い世界にいる者は低い次元の世界を認識できる

●霊的知識と霊的成長の関係

  • (P186/後ろから2~P187/5)
  • 古い間違った知識を捨て去って、初めて霊的成長が可能となり霊的真理を取り入れられるようになる
  • 間違った知識は霊的成長の妨げとなる
  • 霊的成長した分だけ、より多くの知識を手に入れられるようになる(霊性レベルと霊的知識の取り入れには深い関係がある)
2.霊的成長と苦難の体験について――――――――――

●地上人生の苦しみと霊的成長

  • ――"地上人生の苦しみの意味"(P184/5~後ろから1)
  • 霊界へ戻ってからの進化に備えての霊的準備をすること
  • 永遠の霊的成長の基礎的で初歩的な段階を達成すること
  • (スピリチュアリズムの人生観のポイント)
  • 地上人生の苦しみは魂の進化(霊的成長)にとって不可欠なもの
  • 地上人生の苦しみは霊的成長を促してくれるありがたいもの
  • 地上人生の苦しみの意味は霊界に行ってから分かるようになる
  • ※参考 P207/4~7

●物質的環境と霊的成長

  • (P194/2~8)
  • 物質的に恵まれず、物質的な苦難が多いほど、魂は成長
  • 偉大な精神的指導者は、例外なく低い階級から出ている
  • 人生を物質的でなく霊的観点から見るべき。物質的価値観でなく「霊的価値観」
  • 物質的幸福感でなく「霊的幸福感」で見る

●物質的困難と霊的成長の関係

  • (P206/後ろから3~P207/3)
  • 地上での霊的成長は、苦難と困難の体験を通してなされる
  • 地上人生を好き勝手に過ごしていると、死後、過酷な人生が待ち受ける(人生を無駄にしたことが分かり大きな後悔をするようになる)

●身体障害(肉体的ハンディ)と霊的成長の関係

  • (P190/2~P192/5)

  • 身体の障害それ自体が、霊的成長を阻害(ストップ)することはない(霊的成長は霊に関することで肉体に関することではない)
  • 身体の障害の多くが、前世のカルマに関係している(カルマの法則・償いの法則)
  • 肉体の障害はカルマを清算して霊的成長の道をリセットするプロセスである
  • 精神障害者は、肉体(脳)に疾患があるために正常な精神を持てなくなっているが、霊はしっかりと自覚を持っている
  • 身体の障害のために地上的体験が持てなかった場合は、埋め合わせの摂理が働いて霊的成長が不公平にならないような配慮がなされる
3.人間以外の進化について ――――――――――

●動物の進化について

  • (P197/8~11、P199/1~後ろから1)
  • 人間と動物の進化の仕方は違うが、人間の愛が動物の進化を促す
  • 人間は神の代理者として "愛の力"で他の生命体の進化を促す。大霊の創造の業の一部を担当
  • 動物の生命素は肉体の死後、スピリットの集合体(グループ・スピリット)に融合するようになるが、人間から受けた愛が持ち込まれてグループ・スピリット全体の進化が促されるようになる → これが動物の進化
  • 不当な虐待を受けた場合、埋め合わせの摂理に基づいて、受けた苦痛がグループ・スピリット全体の進化を促すようになる
  • 参考リンク:スピリチュアリズムとは>スピリチュアリズムの思想[Ⅱ]>6.霊的世界の存在者たち>(7)動物の死後のゆくえと、動物界の進化 ⇒

●物質界の進化について

  • (P201/2~6)
  • 物質界(鉱物界)も大霊の摂理によって進化する(「進化の摂理」)。
  • 物質界も人間と同じく、進化の途上にある。地震は物質界の進化を調整する作用の一つ

●地球以外の天体の進化

■ 参加者の感想

シルバーバーチ読書会に2回目の参加ができましたこと、何よりも天と守護霊に感謝い たします。読書会参加者の方のご紹介で、同じ徳島県でスピリチュアリズムを学んでおら れる方に会うことができ、とても勇気づけられました。世界が混乱している中、少しでも 多くの人たちが霊的真理に出会えるように、まず、私自身の霊的成長に努力していきたい と思います。今回の講義はとてもわかりやすく、魂にしみ込んで一つ一つ納得し、真の救 いという内容が理論的によく理解できました。真のスピリチュアリストになれるよう、日々 努力していきたいと思います。(60代女性)

今日は、我々人間また私個人の地上生活の意味を明らかにしていただきました。それは 限りなく霊的に成長することで、それが正しい生き方であり、望ましい方向ということで す。この正しい生き方とは、神の摂理に一致した生活に相違ないと思います。さて、自分 が神の摂理に適った生き方をし、霊的に成長しているか?と自問してみると、具体的なレ ベルはわかりませんが、相当低いレベルにあるのではないかと思います。それは日常生活 において自分は小さい人間だなあと気づかされることがよくあるからです。ある意味では 虫けらのような存在であるようにも思います。(それは、自分も含め人間は物事の一部しか、 見ておらず、全体像を見ようとしないものということです。)しかし、今回の学びによって、 人間は低い次元から高い次元へと成長するように背後の力が働いていることを知らされて、 安心しました。それはすなわち、真理の背後の力が「神の愛」であり、我々はその愛の内 に育まれている存在であるということです。(60代男性)

今日は霊的成長について掘り下げて学ぶことができて、改めて地上生活での苦難や葛藤 を霊的視野で乗り越え、より一層の霊的成長の歩みをしていきたいと願いました。霊的真理を知っても苦難は訪れますが、常に動機を正し、苦しみを成長のチャンスと受け止めて、 取り越し苦労をしないように、大霊と守護霊が常に愛してくださっていることを胸に、地上生活をおくっていきたいと思いました。(30代女性)

物的基準で見ると、不公平なような環境にあっても、それは、その環境がその人にとっ て霊的成長するうえで、必要だということ。またどういう環境にいても「人の役に立つチ ャンス、すなわち内部の霊性を発揮し、自我に目覚めるチャンス」は訪れる。真理を理解 して、完全平等、完全公平がよく分かりました。(40代女性)

永遠の霊的成長の本ほんの一部が地上生活である、霊主肉従への調整で毎日の一日が消 えてゆきます。努力あるのみです。目の前にいる人に奉仕をすることの難しさ、他者の長所を見る努力を……努力・反省・努力・反省の毎日が霊的成長への道かと思います。(60代 女性)

的成長する生き方の中の苦しみを甘受する努力というのがありますが、苦難に対する 考え方がスピリチュアリズムを学んで180度変わりました。今までは、なんとか苦難から 逃げる方法はないものかと思っていましたが、それがそもそも間違っていたことに気づかされ、生き方そのものが変わりました。それがわかっても、苦しみは同じですが、何とか 前向きに乗り越えようという力が湧いてきました。これは人生にとって本当の宝を手に入れた気分です。これを使って生き続ける努力をしたいと思っています。(60代女性)

今生きている自分の状況が、自分の霊的成長に必要で与えられている人生なのだと自覚 し、その中で起こる苦難etc.を霊的視野でとらえ、逃げずに乗り越えていくことが重要なのだと再認識できました。メンバーの方々がそれぞれ各自に読書会やブログを立ち上げ、成長しようとされる姿に刺激を受けました。(50代女性)

この世に生まれてきたのは、霊的成長をするためとわかっていても、毎日の生活の中で 悲しみや苦しみがあると、負けてしまいそうになります。「苦難の中にある時こそ霊性が磨かれるのです」とのシルバーバーチの言葉を支えにしていこうと思います。(50代男性)

私たちが地上に生まれた目的は、霊的成長をなすためということがよく分かりました。 自分の人生を霊的視点で見るように心がけ、少しでも霊性を高めたいと思います。「霊性と いうものは、苦悶と病苦と悲哀の体験を通して初めて覚醒するのです」というシルバーバ ーチの言葉は、この地上で苦しみ、悲しんでいる人の福音になると思います。苦しみや悲 しみは、人生において無駄なことではなく、霊的成長に欠かせない大切なものであることを知りました。私も困難に「ようこそおいでくださいました」と明るく立ち向かえるよう になりたいです。(40代女性)

自分一人では分かりにくいようなところも解説していただいて、勉強になりました。霊的成長の大事さを学ぶことができてありがたかったです。既成の宗教観や教義に惑わされない見方ができて、勉強になりました。(40代男性)

私たち一人一人は、霊的成長が一番。このことを、真理を知った私たちは、その視点で 常に日常の出来事を見ていかなければと改めて思いました。(30代女性)

私の人生は、小学校一年生の時ガキ大将との喧嘩で砂場で目つぶしに合い、2週間目くらいになった時から、小・中学校ではいじめにあい、社会に出て仕事においての苦難続きでし た。人生の中で3回は自殺を図ろうとしました。そしてその都度、白髪になっていきまし た。しかし、スピリチュアリズムを知ることにより、これが償いであることを知ることが でき、今は感謝です。まだまだこれからも苦難は来ると思いますが、これからはそれを感謝に変えていけると思います。(70代男性)

今日のテーマである「進化の土壌としての地上生活」は、私たちが知るべき大切な事柄 です。地上に誕生するのは霊的真理を知り、成長するためです。霊的成長に必要な事柄と しての苦難と困難だということです。苦難がないと相手の立場で考えられない、人に親切にすることがいかに大切なことか、考えさせられました。(40代男性)

真理を学んでいても、苦しいことがあります。その苦しみをどうとらえるべきか、祈り や瞑想の中でインスピレーションの形で新しい気づきが得られます。そうやって成長した分だけ、新たな知識が得られることを実感しています。(40代男性)

この世の現象すべては、霊界の価値観(善悪の判断等)とは逆であることを知り、生き ていく上で何も一喜一憂することはないとわかりました。何事も霊的視点から見るように 努めます。(50代女性)

読書会への参加はやっと半年を迎えたところですが、当初に比べ少しずつ参加人数が増 えているのに喜びを感じます。今日は静かな中で、講義を聞かせていただけ、自分一人で本を読むだけでは理解しにくい箇所の補足をしていただくことができました。ここへ来る途中の電車の中で、予習のために一読してきたのですが、今回のお話で正しい見解や知識をいただいたと思います。(50代女性)

「私たち人間は永遠の霊的成長のために肉体をまとい、この物質世界に生まれてきた・ ……」この素朴で単純な真理の中に神の深い愛が込められていることを改めて実感できました。今、自分があることに感謝です。(40代女性)

「霊的成長が本当の幸福である」このように心から感じることができるようになれば、 霊的成長が本当にできたような気がします。霊的成長に必要なものは「利他愛の実践」だ ということが最近確信になってきました。(50代男性)

この世での生活の苦労は、全て死後の第二の人生のためであるということを学びました。 本当の人生は死後から始まるということですが、そのためにできるだけ今生で霊的に成長することが人生の目的だと教えられました。この摂理・真理は、死んだら終わりと考え苦労を経験するのとは天地の開きがあります。霊的摂理を知り、苦労も目的のある愛情と受け止めることができ、感謝することができるようになりました。(60代男性)

動物をかわいがっていると、動物も亡くなった後でも慕ってくるようです。現界において動物を食事として食べることに抵抗はあるのですが、家族で作られた食事の一部を肉ということで食べないと、ほかにも迷惑かと思い、食べています。ただし、極力感謝の念で 祈って食べることにしています。宗教を長年、行じていましたが、やはり良い悪いの判断がつき難いので、全てを一度捨て切って、シルバーバーチ一本で判断し実行してゆきたい と思います。(70代男性)


TOP↑