学習の感想とポイント

関西シルバーバーチ読書会

2015.3.15

今回は『シルバーバーチは語る』12章死後の世界 ⇒について学びました。

■ 12章 死後の世界

●"死"と"死後の世界"の問題(死生観と死後世界観・他界――――――――――――――――――――

  • これまでの"死"の考え方
    ――"死"は人間である以上避けられない宿命、最大の恐怖
  • 人間にとって"死"と"死後の世界"は思想上の最大のテーマ・課題
  • 宗教の使命――死の問題を解決して、人々を死の恐怖から救うこと
  • (※しかし宗教自身が霊的に無知で、真実の教えを説くことができなかった)

*多くの人にとって"死"とは恐怖です。現代医療でも、患者さんを何とか死から遠ざける努力をするのが医師の使命のように見えます。身近な人が死ぬと、誰もが嘆き悲しみ涙を流します。死とはそうした悲しい出来事であると誰もが思ってきました。しかし、事実は全く違っていたということがスピリチュアリズムの霊界通信によって明らかにされてきたのです。中でも「シルバーバーチの霊訓」は私たちのこれまでの死に対する考え方を180度変える死生観をもたらしてくれました。

●スピリチュアリズムとシルバーバーチによる画期的な「死生観」と「他界観(死後世界観)――――

  • 明確な"死"と"死後の世界"についての知識 → 死の恐怖から解放される
  • これまでの宗教の常識を根本から覆し、人類史上"最大の宗教革命"を地上にもたらした
  • 「シルバーバーチの霊訓」は、スピリチュアリズムによってもたらされた死生観と他界観(死後世界観)をさらに洗練、レベルアップ
  • 「シルバーバーチの霊訓」の死生観と他界観(死後世界観)
  • 霊界を本来の世界、地上界を仮の一時的な世界であると明確化
  • "死"とは本来の生活の場所に帰っていくことに過ぎない
  • 最大の悲劇・恐怖 → 新しい人生の出発という希望
  • 地上人生のご褒美として"待ち 望むもの"

スピリチュアリズムの死生観
  ――スピリチュアリズムが人類史上初めて明らかにした死に関する真実・霊的知識――――――

①人間は死によって無にはならない

②死によって肉体と霊体が分離し、肉体は消滅するが霊的存在として生き続ける

③死とは肉体と霊体をつないでいたシルバーコードが切れること(死の定義)

④人間は霊体を身体として、霊界でこの世と同じような生活を続ける

⑤したがって死は永遠の消滅でも別離でもなく、これまで考えられてきたような恐怖ではない

⑥霊界にいる人間(霊)と地上との間には、交流が成立する(心霊現象・霊界通信)

高次元の霊魂説

シルバーバーチの死生観
――スピリチュアリズムの死生観(①~⑥)を踏襲し、それをさらにレベルアップしたもの

スピリチュアリズム ――――――――――
  • 死を不安に思う必要はない
  • 死はあの世に行くこと
  • 死と死後の世界(霊界)の事実を明らかにすることがメイン
シルバーバーチ― ――――――――――
  • 死は喜び・希望・祝福すべきこと
  • 死は本来の世界に戻ること
  • 霊中心の生き方・死後の世界の準備として霊的成長する生き方を説くことがメイン

< 死生観のまとめ >

一般人 ――――――――――
  • 死によって消滅
  • 死は悲劇・恐怖・悲しみ
  • あの世:この世=0:100
従来の宗教 ――――――――――
  • 死によって消滅しない(霊魂として存在)
  • 死は悲しみ・恐怖・不幸
  • あの世:この世=20:80
スピリチュアリズム――――――――――
  • 死によって消滅しない(霊として霊界で生活)
  • 死を恐怖に思う必要はない
  • 霊界:地上人生=50:50~60:40
シルバーバーチ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  • 死によって消滅しない(霊として霊界で生活)
  • 死は喜び・希望・祝福・ご褒美
  • 霊界:地上人生=80:20

●スピリチュアリズムの明らかにした死後のプロセス(死後の出来事)を時系列に並べる

  • ①死の瞬間 → ②死後の目覚め → ③幽界(霊界最下層)での生活 → ④霊界の界層への移動と新しい生活
  • ●死の正しい意味(霊的観点から見た死)とは――死は悲劇ではない(死の意味の180度転換)

    • (P212/10~P213/1)
    • 地上で生きていることこそ悲劇
    • 死は、肉体という牢獄に閉じ込められていた霊が自由になること
    • 肉体の苦しみから解放されて、霊本来の姿に戻ること
    • 死は、神の摂理の支配の下での自然現象に過ぎない
    • (P211/1~3)
    • 人間は死んではじめて生きることになる
    • 地上人は霊界人から見ると、死人同然

    ●死の瞬間 ① (P219/1~3)

    • 一般的には地上から霊界への死のプロセスには苦痛は伴わない
    • たいていは無意識で、全身麻酔にかかったように意識を失い、眠りの状態に入る
    • 霊性の高い人の場合は、死ぬときの自分の様子を自覚することがある

    ●死後の目覚め ②

    • (P217/後ろから1~P218/7)
    • 的知識がある人は自覚が早くなる
    • 地上時代の信仰の無知と誤解・迷信は、死後の世界の目覚めの妨げになる
    • すぐに目覚められない人は、長い休息期間を通して少しずつ死後の世界に慣れていく
    • 魂に深い傷を負った他界者を看病する病院がある
    • 地上時代に人のために尽くした人は、目覚めが促進される
    • (P218/8~後ろから2)
    • 唯物論者の目覚めも魂の進化(霊的成長)の程度による>
    • 目覚めると同時に、死後の世界の現実に直面することになる
    • (P224/3~6)
    • 霊体が肉体から抜け出るのが分かる
    • 抜け出ると同時に霊的目が開き、周りに迎えに来てくれた知人と歓喜の再会を果たすことになる
    • (P224/後ろから4~後ろから3)
    • 死の自覚がない人は、病院や休息所に連れて行かれて、霊界の環境に慣れるまで介護をされる

    ●幽界(霊界の最下層)での生活 ③

    • 霊界での若返り (P220/6~7)
    • 霊界での年齢(老若)は、地上のような年月による年齢ではなく、霊的成長によるもの
    • 若いか歳をとっているかではなく、霊的成長しているか霊的に未熟かということ
    • 霊界でのコミュニケーション (P223/後ろから3~後ろから1)
    • テレパシーによって意念が通じるため、地上のような言葉は必要ない
    • 言葉が必要だと思っているうちは、言語を用いてコミュニケーションを図ろうとする
    • 霊界での移動 (P228/1~7)
    • 霊界での移動は思念のスピードでなされる(テレポーテーション移動)
    • どこへでも思念と同じスピードで移動できる
    • 霊界での支配者 (P221/後ろから5~後ろから4)
    • 霊界には地上のような権力支配者はいない
    • 霊界の支配者は神の摂理のみである
    • 霊界では愛の上下関係はあっても支配関係は存在しない
    • 死後の世界(幽界・霊界)とは楽園のような素晴らしいところ
      (P210/8~後ろから1、P211 /8~P212/4、P213/2~後ろから 2)
    • 肉体の苦痛が消滅、疲れもない、望むところに自由に行ける
    • 心で考えたことがすぐに形をもって現れる、お金の心配がない
    • 地上とは比較にならない美しい自然界と自然環境がある、才能を思う存分発揮できる
    • 生存競争がない、失業がない、スラムがない、利己主義と宗派がない

    *多くの霊界通信が伝えてくる内容は主にこの幽界での生活の様子です。ほしいものは何でも手に入り、したいことは何 でもできる、痛みも苦しみもなく、美しく心地の良い世界……地上人にとってはまるで天国かと思うようなところ、それ が幽界です。こうした内容を霊界の全てと思うのは間違いです。あくまで地上臭を拭い去り、本来の霊的世界での生活に 慣れさせるための世界です。幽界での生活の後に本来の霊界の界層(霊的成長度によって赴く世界が決まる)が始まります。

    ●愛する人とのあの世での再会 ③④

    • (P224/後ろから2~P225/2)>
    • 本当の愛があれば、地上では一緒になれなかった者同士は会えるようになる
    • また死別した者(家族・知人)とも会えるようになる
    • (P222/6~9)
    • 霊界では愛着を感じている歴史上の人物に会うことができる

    ●幽界から霊界へ ④

    • 幽界は地上と比べると天国・楽園のようなところ → 素晴らしい世界で、そこでの生活に誰もが満足する → 徐々に飽きが来て、もっと向上したいと思うようになる
    • 幽界の生活の意味――純粋な霊的世界(霊界)に慣れさせる
      地上的要素(物質臭)を取り除いて、霊的に純化する
      →自分の霊性レベルに合った霊界の界層に入っていく

    ●霊界の界層 ④

    • (P225/後ろから6~P226/2)
    • 霊界の界層は地上世界のような地理的区域ではない
    • (P228/後ろから1~P229/8)
    • 一つの霊界の中に、無数の界層がある
    • 地球以外の天体にも界層がある
    • (P221/後ろから4~後ろから1)
    • 霊界では霊格の向上に伴い高い界層へ移動することになる
    • 各界層間に境界線はない
    • 界層は低い次元から高い次元へとつながり、上下が融合している

    *霊界の界層では、同じ霊的成長度の霊が一緒に暮らしています。こんなにも自分とよく似た者がいるのだろうかという ほどの親和性を持った霊たちの集まりです。霊界はこうした同じ霊的成長レベルの霊がともに生活をするところです。地 上では霊的成長レベルの違う人たちが一緒に生活をしていますが、霊界から見ると、そちらの方が特殊な環境ということ でしょう。霊的成長レベルが違う人たちと一緒に暮らすことで様々な問題も起こります。だからこそ苦しみがあり困難が あるのですが、それによって霊的成長が加速される――これが地上世界の一番の特徴です。

    ■ 参加者の感想

    死後の世界の勉強をさせていただき、霊界という世界が少しずつ理解できたように思います。毎日主人と二人でニューズレターを拝読しておりますが、どのようにスピリチュアリズムを伝えていったらよいうかというヒントが最近少しずつ分かるようになり、シルバーバーチを読んでみたいという方には本を差し上げ、その反応を見ながら広めていきたいと思っております。地上に生きている限り少しでも多くの人にシルバーバーチを知っていただき、霊界をしっかりと理解し、人生観が変わっていけるよう、霊界の道具となれるよう日々努力していきたいと思います。(60代女性)

    今日は死と死後の世界について学びましたが、改めて地上人生の意義と重要性を少しではありますが、 再確認できたように思います。しかし肉体を持ちながらどれほど死後の世界についての知識を増やしても、その理解と実感を得るには物質界ならではの限界が付きまとうことは避けられません。ですから、 霊界については、"あこがれ"の気持ちを抱きつつ摂理の理解を深め、摂理に沿った日常生活を歩めるよう心がけてゆきたいと思います。(40代女性)

    本日の「死後の世界」は、主人が今住んでいるだろう場所なので、とても興味深い章でした。素晴ら しい世界なので、私としてもとても嬉しいです。(50代女性)

    今日の死後の世界のテーマは、私自身にとってとても身近なものでした。今からちょうど7年前に父が他界したのですが、いわゆるお通夜で父の死体と共に家族と添い寝していたとき、午前4時ころに私の身体が足元から暖かくなってきて、全身が「愛」に満たされる感覚になりました。すると布団で上向きに寝ているのに、少し浮いた感じとなりとても安らぎがありました。その時から父と過ごした子供のころからの出来事が思い起こされてきて、「そうそんなことがあった」と父との共感があり、おなかの底からワッハッハと笑いがこみあげてきました。それが、あんなこともこんなこともと思い浮かぶたびに、笑いと喜びが湧いてくるのです。こんな至福の時間が1時間ほど続いたでしょうか。本当に不思議な時間でした。私の人生で初めてのことでした。これ以来霊界に目覚めて、シルバーバーチの読書会に参加するようになりました。(60代男性)

    死後の世界について学び、私達地上人が恐れる死は悲しくないと、霊界側より教えられました。私たち、死後の世界を知ることができた人たちは、シルバーバーチを始めとする霊界側の配慮に感謝していきたいと思います。(40代男性)

    シルバーバーチの死生観がスピリチュアリズムの死生観をさらにレベルアップしたものであるという視点に今日初めて気づかされました。フォックス家事件から始まり、霊魂説の証明の段階からシルバ ーバーチによって「生き方」「実践」へとスピリチュアリズムも高次元に進められてきたことを考えると、当然のことだなと改めて感動しました。地上でしっかりと役割を果たし、クリアできた人にとっては霊界へ帰ることが何よりのご褒美であり、喜びであることが一般的な常識の世の中になったなら、今地上にある問題や悲劇、なくもがなの悲しみはぐっと減るのだと思うと、いつの日かそういう日が訪れるために、今自分にできる精一杯の努力をしていきたい、真理普及のために何か役に立ちたいと思いました。(30代女性)

    確かに死に対する恐怖は少なくなりましたが、現実的に老いてゆき、介護されて老後が来るとした時の憂いがだんだん頭をしめることが多くなってくるのが困ったものです。(70代男性)

    初回参加です。死が恐れるべきものでなく、喜ぶべきものであるという点について、心が軽くなる思いでした。身近な方との離別、私自身の死に直面する前、こうした考え方を学ぶことができたことは幸運でした。(20代男性)

    読書会中に守護霊を意識する時間を1分ほどいただきました。これは、参加させていただくようになって初めてのことだったと思います。不思議と肩の力が抜けるような感じがしまして、とてもリラック スした気がしました。シルバーバーチまでのスピリチュアリズムでは 霊界と地上人生の割合は50:50~60:40でしたが、シルバーバーチはこれを霊界80:地上人生20としています。私はこれを道具意識に変換していきたいなと、正直に思いました。(40代男性)

    死後の世界があるのとないのとでは、生き方に大きな違いがあると思います。知らない時は、死に対する恐怖というものがあり漠然と不安でしたが、スピリチュアリズムで知った死の真相には、目からうろこが落ちる思いでした。そうすると、生き方が問題であると気付き、ではどう生きていくかというところが大切なのだと思いました。せっかく自分が選んで地球に再生してきていることは、大変意義のあることなので、少しでもカルマの解消をし、それによって地球全体の波動を上げていくことに少しでも役に立てればと思いました。(60代女性)

    今私たちは、死後の世界のために生活しているのだ、ということを改めて強く感じました。本来の世界、誰もが向かうことになる霊界へ行くため地上生活の全てはあります。地上生活が全てであるという 見方ならば、地上(物質世界)に安らぎや喜びを求めてしまいます。死を恐怖と感じます。しかし、霊的真理を知ると霊界での喜び・希望・祝福を望むようになり、そのために地上生活をどのように過ごし たらよいかを真剣に考えます。霊界での"ご褒美"……楽しみにできるように、苦しみや困難に対しても、力強く向かおう、そして一人でも多くの人に真理を知ってほしいと本日の学びで強く感じました。 (30代女性)

    「死後の世界」について深く学びました。「死」は「悲劇・恐怖・悲しみ」ではなく、「喜び・希望・ 祝福・ご褒美」であることをしっかりと心に留めて、苦しみの多いこの世の人生を、最後まで生き抜いていこうと思いました。(50代男性)

    霊的成長を心がけ、地上世界でも霊界の素晴らしさを実現できるようにしていく大切さが分かりました。利他の精神がより深く分かったと思います。(40代男性)

    今日もじっくりと学ぶことができました。日頃から理解が及ばない箇所は無理に解釈するのはやめて、 自分にその時が来れば(霊的成長)自然とわかるのでしょうと考えています。今日の学習も、界層の部分では、お話しされていたように、理解するのは人間である以上限界があるのでしょう。実践とともに知識を深めることを並行していくことができれば、さらに手厚い支援活動に活かせることにつながるのではと思っています。困難なことも多く起こりますが、頑張っていきたいと思います。(50代女性)

    今日のテーマの「死後の世界」には、愛する人との霊界での再会ということが何回も出てくるので、 私には気持ちのよいテーマでした。この会の途中で幽界に行く意味がひらめきました。地上人生でもっていた欲をすべてそこで出し切れるようにするためだと思いました。そのためにブルーアイランドとい われるように、欲望がすべて実現できるようになっていて、それがあきるまでできるのだと思いました。 そしてその地上的な欲がすべてなくなってきたとき、次の本来の霊界に行けるのだなあと思いました。 (50代男性)

    シルバーバーチのもたらした霊的知識は、死と死後の霊界の事実を明らかにするのみならず、さらに一歩踏み込んで、今生きている私たち地上人が霊的成長するためにどのように生きたらよいかという最高の人生観を示してくれました。本当にこれほど確かな真理は他には存在しないと断言できます。死は肉体という牢獄からの解放であり、死後の世界は現実であり、私たちの地上での利他的な行いや大霊の摂理に沿った愛の思いが死後の生活の水準を決めていく、それは当たり前に思えます。一人でも多くの人にその真理を知ってもらえたらと思います。(40代女性)

    (霊界では)追求したいことにいくらでも専念できる。ならば、今生においてそれが何かしっかりと見極めて取り組み始めたいと思います。しかし霊性の向上に関わらないことなら、いずれ飽きが来てしまうのですよね。今生において、自分は何をすべきか、何をなすことが求められているのか常に問い続けていきたいと思っています。(40代男性)

    地球上の人間は死(肉体)を恐れすぎて混乱のもとになっていると思います。肉体の死は喜ばしいことであるとは、今、世界で生じている争乱の中でほとんど信じられていません。死はむしろその人にと って生きてゆくための本当の生を得る始まりであることを悟る人が増えてゆくに従って、地球上は次第に平和が近づいてくる様に思います。「我々の命は大切である」と世間一般の人々が言う命は肉体であって、本当の命は霊であることを知識として知りません。そのことを伝えてゆく必要を感じています。(70代男性)


    TOP↑